自分ではどうしようもない不可抗力・理不尽に出会ったら

生きていくと、どんなに頑張っていても、どうしようもない場面に出くわすことがあります。

自分でせいでもないことであっても、何か被害やマイナスの影響を受けることはあるものです。

人生とは「諸行無常」(しょぎょうむじょう)。

幸せは自分の感情が決め、満足度は自分の考え方が決めます。

だからこそ、そんなしんどい状態から少しでも抜け出すヒントを禅から学びましょう。

1:逆境はパワーになる「逆風張帆」(ぎゃくふうちょうはん)

落ち込んでいる女性の写真

逆境というものはつらいものです。しかし、それを乗り越える、耐えることはパワーを与えます。

「逆風張帆」(ぎゃくふうちょうはん)という禅語は、逆風の中、一生懸命に船を操り、前に進もうとしている様子を表したものです。

逆境に立ち向かうとき、それは正当なやり方では太刀打ちできないかもしれません。そんな時は、できるだけその状況を乗り越えるために別のやり方がないかどうか、考えてみましょう。

 

2:辛さや苦しみは人を成長させる「鳥啼山更幽」(とりないてやまさらにしずかなり)

笑顔の女性

人として成長していくには、必ずしもラッキーなことや都合の良いことばかりを受け取るだけではありません。

嫌なことやつらいことがあるからこそ、幸せや平穏が引き立つのです。

「鳥啼山更幽」(とりないてやまさらにしずかなり)という禅語は、深山で鳥がひと声鳴いて去った後にある静寂感が一層引き立てるという意味です。

 

3:自分自身を生きよう「他不是吾」(たはこれわれにあらず)



「他不是吾」(たはこれわれにあらず)
~自分がなすべきことをしっかりと行おう~
直訳すると「他人は自分ではない」ということ。自分に与えられた人生は、自分にしか生きることはできない。そして、今自分がやるべきことは、自分が一番よく知っている。「面倒臭いから」「誰かがやってくれるから」。そんな心の声に負けず、今、自分ができる限りのことをしよう。


4:自分が心穏やかになれるところへ「帰家穏坐」(きかおんざ)

情報化社会の現代では、色んな情報を手に入れやすくなっています。

しかし、その中で人との比較やまるで焦らすかのようにあおる内容まで受け取ってしまうことがあります。

「帰家穏坐」(きかおんざ)という禅語は、長旅の人が久しぶりに家に帰ってきたときのような安堵感を表現したものです。

 

しんどいと思う時には、どうやって乗り越えるかを考えよう!



いかがでしょうか。

人生とは楽しいことや嬉しいことばかりではありません。

だからこそ、辛いことや悲しいことを乗り越えるためのツールを持っていきたいですね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

禅ごよみ365日 毎日に感謝したくなる [ 枡野 俊明 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/8/21時点)

楽天で購入

 




 

 

関連記事

  1. 茶道の点前をしている女性の写真

    人生を歩む上での処方箋!茶道の作法と禅語

  2. 茶道とコーチング:おもてなし茶道

  3. カップルのの写真

    茶道と禅から分かる!運命の人に出会う方法

  4. 変化・変革のある時代を生き抜く!茶道・禅の教え

  5. 友達とジャンプ

    禅と瞑想の違いと活用を知り、心豊かになる!

  6. 落ち込んでいる女性の写真

    不安から抜け出す方法:禅語「莫妄想」

無料プレゼントとお得情報

[特別特典付]綺麗に抹茶を点てる秘訣&茶道の作法と意味(シンプル版)&お役立ち情報

    必須お名前

    必須メールアドレス

    限定WEBショップ