茶道はただお茶を飲むだけではない、奥深いもの

茶道とはどんなものか知っていますか?

茶道は、日本の伝統的なお茶、抹茶を点てて、相手に振る舞う儀式です。

世界には様々なお茶の楽しみ方があります。

ヨーロッパ(イギリス)やアメリカでは紅茶。台湾茶、中国茶など。

そんな中で、茶道は日本人の歴史や精神性、文化の影響を受けて、成り立っています。

そこで、私は茶道の中身をわかりやすく、作法は家でも簡単にできるようにお伝えしていきます。

なぜなら、作法は通常の茶道教室やイベントで体験ができます。

しかし、茶道の歴史や精神性、作法の意味はなかなか教わることが難しいからです。

理由は、学ぶべきことが沢山あり、書籍を読んだり、探求していくと調べることが多すぎるからです。

しかし、茶道の中身を重要なポイントだけでも知れば、作法もより楽しめますし、日本人や日本のことをより深く理解することができます。



日本でも、ただお茶を飲んだり、相手におもてなしをするために沢山の修行を積むといったイメージが多いです。日本人でも茶道の中身を知る人は多くはありません。

でも、私は作法も大切ですが、茶道の中身の方も重要だと思っています。

例えば、あなたが何か仕事を任されるとします。

その仕事のやり方だけを教わるよりも、その仕事をする意味やどういうことがゴールなのか、それによってお客様や相手にどのような影響が出るのかを理解している方がよりやる気やモチベーションが上がりませんか?

きっと、ただ仕事をこなすよりもより良いパフォーマンスができるでしょう。

少なくとも、私はそう考えています。

文化の意味を知る、ということでは、私にはこういった経験があります。

ハワイに行った時に、フラダンスの踊りの意味を現地のガイドから教えてもらったことがあります。

それまで、フラダンスというと、明るいイメージでした。

なぜならハワイは常夏で皆さん陽気で寛大な人々が多いと思ったからです。

でも、実際は違いました。

フラダンスは、時に悲しみの感情を表すこともあるし、きちんとした歴史的な意味を表現することもあります。

文化には、その国の歴史や精神性、意味が込められています。

そういったことを知ることで、新しい視点を得て、あなたの世界が拡がります。

あなたの世界が拡がれば、日常もぐっと鮮やかに豊かなものになります。

では、一緒に、茶道の中身を知っていきましょう!

関連記事

  1. 言葉がいらない!茶道の作法7点

無料プレゼントとお得情報

限定WEBショップ